2014/6/12(木)

今日は蛍谷キャンプ場に居着いて居る川鵜とサギのペアを何とか駆除出来ないかと思い、以前から考えていた、鮎に針を付けて泳がす作戦を実行してみました!

川鵜とサギは、川鵜が潜って追い回された魚が浅場に来たところを、サギが難なく食べると言う連係プレイで根こそぎ食べられてしまいます(ToT)

上流域は下流と違い、川幅も狭く道路から見えない場所が多く、谷間なので紐張りも、追っ払いもほとんど効果が出ないので、何とかして駆除するしかありません。

川鵜は目も頭も良いのでこんなものには食い付かないとは思いますが、可能性はゼロではないでしょう(^_^;)

とにかく川鵜が居る場所では、目に見えて鮎の姿が減って行くので、万が一にもこれで駆除出来ればラッキーです(^o^)

雲ヶ畑では銃器による駆除が可能だと思いますので、最終手段は猟師さんに依頼する事になると思います!

今日の釣果ですが雲ヶ畑で20匹(リアユ6匹)10〜15センチ他の方も10〜20匹位でした。

高野川、釜ぶろ橋から上流堰堤までの区間では20匹程で最大17センチを超えていました!

やはり高野川は水量もあり例年大きいのが釣れますね(^o^)

下流は詳しい情報は入っておりませんがぼちぼちは釣れている様で、大きいのは18センチくらいは出ています。