2016/4/27(水)

本日第一回鮎放流300キロの放流を行いました♪

八瀬地区・出町〜七条・雲ヶ畑に各100キロを放流しました!

今年の種苗は、奇形、病気共に少なく、142検体の内奇形と判別出来るのは1匹だけでした!

今年も後200キロを放流して、合計500キロを予定しておりますが、次回は遡上鮎の放流を予定しておりますので、放流日は未定です。

今回の種苗データ

検体 142匹

総重量 1414グラム

平均重量 9.95グラム

最大 14センチ(21グラム)

最小 8.6センチ(4グラム)

午後からは活かす会の総会があり、昨年の報告や、今年の活動についての報告もあり、まずは仮設魚道の設置と、上流域での枝打ちを行い、毛馬の汲み上げも同時進行しますので、5月はほとんど空きの無い予定になりそうです(^_^;)

鮎の解禁までは、今回放流した鮎が、どの様に動くのか、日々の移動状況なども報告しますので、楽しみにしておいて下さい(^o^)