2016/7/1(金)

ここ最近増水続きと、僕自身は毎日上桂川さんにお邪魔しているのとで、なかなか賀茂川の情報発信が出来ておらず、申し訳ありませんm(__)m

上流に入っておられる方は高齢者が多く、足で稼ぐのが難しいのか、ベテランでも数型共に、ほとんど出ておりません(-_-;)

下流では、18センチクラスがぼちぼち釣れ始めてはいるものの、小型の鮎が沢山おり、良型を揃えるのが難しい状況となっております。

しかし今から数日雨予報は出ておらず、気温も高目な感じですので状況は好転するのではと期待しております(^_^;)

そんな中、3日ほど前に、七条大橋西詰にある永塚釣具店から、七条堰堤の下に真っ黒になって底が見えへん程鮎が居るよとの電話を頂き、本日鮎の配達を終えた後、17時頃から七条に行って来たのですが、堰堤直下に歩けば踏むほど(リアルに2匹踏んでしまいました)おり、どんどん遡上しておりました(^o^)

しかし今まで溜まった事のなかった鮎が、これほど溜まってしまったのは、今春、京都府土木の手によって改悪された堰堤の影響である事は言うまでもありません(-_-#)

それはさておき、見に行く=釣る!
ですよね♪

しかし余りにも沢山居るので、タモ網で掬えるのではと思い、釣りに使う袋ダモ(水を溜める袋付き)で、水の抵抗が多く、本来なかなか取れないのですが、それでも掬ってみると、2匹入り、大きい方は15センチ程有りました(^o^)

遡上している鮎は、追い星も無い白い鮎ばかりなので、黄色の縄張り鮎が居るのか確認のため、先ずはリアユでスタート、10分程で白い鮎3匹取れたので、その鮎で友釣りスタートし、早瀬の変化のある所に入れると、ガツンと来て16センチ程の黄色い縄張り鮎が掛かり、その後も白いのも黄色いのも掛けたのですが、最後には22.4センチの良型を含む、11匹を釣りで仕留める事が出来ました\(^o^)/

このタイミングでこのサイズが居るのなら、今年こそは尺鮎との出会いがあるのではと期待してしまいます♪

七条〜勧進橋の区間では、7月3日(日)より網の解禁となってしまいますが、網をやる人はそれほど多く無いので、今年も秋までしっかりと鮎釣りが楽しめそうです!

鮎ルアーでも簡単に釣れると思いますので、是非チャレンジしてみて下さい(^o^)v

遡上動画はFacebookにアップしますので、ご覧ください♪