2017/11/13(月)

土曜日11日の鮎流下仔魚調査の報告です♪
今年は先日の2週連続台風の影響で、鮎の産卵に不安要素いっぱいの中調査開始したのですが、予想通り全く発見出来ずのスタートとなり、半ば諦めの空気が漂う中、10時頃に桂川で21匹の仔魚が取れ、その後11時にも8匹取れ、計29匹となりました♪

例年木津川が一番多く、次いで宇治川、桂川となるのですが、今回は木津川宇治川共にゼロで、桂川だけが沢山取れると言う結果となり、今年の様なタイミングで増水があっても、何処かで産卵出来る環境が整うと言う、淀川流域の懐の深さに、自然界の優しさを一人で勝手に感じております(笑)

次回の(土)18日にも仔魚調査を行いますが、次回の結果がどの様になるのか楽しみです♪

それと前回開催した、ハエ釣り教室と、大会の記事が、明日14日にスポーツ報知、明後日15日にスポニチに掲載されますので、お見逃しなく!