2017/12/21(木)

昨日は内水面漁業協同組合連合会主催の情報交換会議に出席し、鮎やその他の魚や水生生物の餌となる、珪藻類が育つにはどのような環境が適しているのか、鮎はどの様な条件に生える珪藻を好むのか等の話を聞かせていただきました♪

今日は、雲ヶ畑での枝打ちを行い、立ち枯れの木にヒラタケを見付け、作業をしていたみんなで冬の味覚を楽しむ事が出来ました(笑)

明後日の23日(土)には予定通りイワナの発眼卵放流と、先日延期となったアマゴ・イワナの秋放流を同日に行う事となりましたので、放流に参加してみたい方が居られれば、朝7時00分漁協事務所集合となりますので、気軽にお越しください(^o^)