2018/12/20(木)

昨日は京都府内水面漁業協同組合連合会主催の、情報交換会議が開催され、岐阜県の河川課と、兵庫県の水産課で行われている取り組みなどが発表されました!

平成9年には河川法改正に伴い環境の事が盛り込まれ、平成26年には内水面漁業の振興に関する法律も作られ、これらを元に河川管理者、漁業関係者、有識者などで構成される委員会を立ち上げ、環境に配慮した川作りの事例等を聞かせて頂きました!

今年の情報交換会には今まで出席したことの無い、京都府土木も参加されたのですが、環境意識の低い京都府の河川管理者は、他府県の事例をどの様に受け止めているのでしょうか?

今後も河川工事は沢山行われるので、京都府でも環境に配慮した川作りにシフトしてもらえる事に期待しております♪

明日は鴨川府民会議に出席し、明後日はイワナ発眼卵直撒き放流の予定をしておりますので、発眼卵放流の方には興味のある方には参加していただきたいと思いますので、参加したいと言う方は朝9時迄に賀茂川漁業組合までお越しください(^o^)