2019/1/1(火)

新年明けましておめでとうございます。

昨年は12月の前半がかなり暖かく、年末まで雪が降らなかったので、趣味であるスノーボードに行けないかと思っていたのですが、年末からの大雪のお陰で、例年同様元日から、びわ湖バレイでの滑り初めが出来ました♪

この季節にはしっかり雪が降り、春の渓流解禁頃に、沢山の雪解け水で水量が安定してくれると嬉しいのですが、今年はどんな年になりますかね?

昨年は鮎の遡上も少なく、放流した鮎も増水や水温低下の影響か、全く振るわず厳しい状況となりましたが、渓流は順調であり、雑誌にも載せて頂けた事もあり、沢山の方に釣に来ていただき、遊魚券の売上も順調に昨年より伸ばすことが出来たので、今年は渓流魚の放流量を大幅に増量しようと思います(^o^)

昨年までのやり方で解禁前放流と、追加放流2回分のボリュームを増やすか、追加放流の回数を増やすかの方向で、考えているのですが、方法を確定するまでに今しばらく考える時間はありますので、こんなやり方が良いのでは等のご意見がございましたら、ご提案お願いします♪

今日の写真は、12月1日のアマゴ発眼卵から孵化した稚魚を事務所で育てているものと、びわ湖バレイ山頂の写真です。