2019/2/21(木)

本日鮒の放流(100キロ・10センチ前後)を行いました。

広沢池まで買い付けに行き、出町に放流しましたので、出町付近で小ブナ釣りなどいかがでしょうか♪

もっと下流にも放流したいところなのですが、もうすぐ三条下流の護岸復旧工事が始まるので、下流での放流は見送りました(^_^;)

午後からは河川に関わる工事現場を見て回って来たのですが、鞍馬の現場でコンクリート打設をされたのですが、見に行った時に、白濁りがあり、川底にも白灰色の堆積物があり、河川内にセメントが流出したのではと言う状況で、見付けただけでも10匹以上の魚が死んでおり、すぐに水産課に連絡し、北部環境共生センターから水質検査に来ていただき、簡易検査をしていただいたところ、ph9.5とかなり高いアルカリ性であることが分かり、僕が発見直後に採取した水からは、持って来られた検査キットでは判別出来ない高さのアルカリ性であり、比較の為に現場より上流で採取した水は中性のph7.0だった事で、今回相当な量のコンクリートが流出したのは間違いないと思われます(-_-#)

河川工事に於いて、常々コンクリートの被害だけは絶対に出さない様にお願いしているのですが、今回解禁も間近なタイミングで、この様な事になってしまい、大変心苦しく思います(ToT)