2019/3/21(木)

今日は昼前に、全く釣れんと言って、常連の方が戻って来られたので、何処に入ったのか聞いてみると、雲ヶ畑の源流域との事なので、どれ程悪い状況なのか見てやろうと思い、昼過ぎから2時間半ほど釣りに行って来ました!

やはり源流は綺麗な魚ばっかり・・・・と言いたいところですが、明らかに尾びれの丸いイワナとヤマメ?

なぜヤマメ?
これはアマゴに混ざって来たのかも?

先に釣って居られた方は、尾びれの丸いニジマス!

なぜニジマス?

秋の成魚も入れてないエリアなので、多分ですが、下流で釣れた魚を誰かが持って上がったのだと思います(^_^;)

結果まぁまぁ釣れます(^o^)
アマゴ5匹
イワナ3匹
ヤマメ1匹

距離は300メートル程度だと思いますが、反応はかなり多く、小型が大半ですが魚の姿は見えないポイントが無いと言って良いほど濃い事は確認出来ました♪

場所ムラや、天候や時間帯による活性の違いもあると思いますので、噛み合わなければ難しい事もあると思いますが、倒木により釣れないポイントで、かなりの魚が残るのは間違いないと思いますので、夏の増水には良型が爆釣なんて事がありそうですね♪

明後日23日は皆さまお待ちかね追加放流の日です\(^o^)/

放流総量200キロ
アマゴ 130キロ
イワナ  40キロ
ニジマス 30キロ

放流時間
雲ヶ畑 8時~
八瀬  9時~
鞍馬  9時30分~
貴船  10時前~

時間に関してはあくまで目安ですので、目の前での放流を希望される方は、早目に現地にてお待ちくださいm(__)m