第2回鮎の流下仔魚調査終わりました

11月26日㈯の流下仔魚調査では、全部で9匹しか取れず、今年の鮎の産卵はほぼ終わったかも知れません。

今年は遡上が良く沢山取れるのではと期待していたのですが、2回の調査ともそれほど数は伸びず、今年の産卵は例年より早かった可能性がありますね。

カウント数は少なかったのですが、親鮎は沢山居たのでまた来年に期待ですね👍

27日㈰は京都大学防災研究所宇治川オープンラボラトリーで竹蛇籠を作り、次回12月3日にも作業を行い、最終的には伝統工法の聖牛に仕上げてラボに展示しておく予定となっておりますので、また興味のある方はお手伝いよろしくお願いします😁