2015/1/13(火)

昨日12日に発眼卵放流実施いたしました!

今回の発眼卵は、日本釣振興会、京都支部の多賀さんに頂きました(^o^)

本来の予定では平成26年度の12月上旬の放流予定だったのですが、仕入れ先の岐阜県、大林アマゴ園の方で遅れてしまったとの事でした!

しかし今回は10,000粒の予定をしていたのですが、大林アマゴ園さんから、遅れてしまったのでと言う事で、さらに10,000粒、合計20,000粒もの卵を頂きました(゜ロ゜)

放流は、高野川・静原川・鞍馬川・貴船川・賀茂川上流(中津川・祖父谷川)です。

全て最上流域に放流しましたが、賀茂川上流は雪が多すぎたために、予定していたポイントまでたどり着けずに少し手前での放流となりました(TT)

順調に行けば、2月中旬にはふ化し、3月上、中旬頃には泳ぎ始めるはずです♪

直撒きと、籠に入れての埋没の2通りの放流をしており、3月には籠を上げに行きますので、元気に育っているかわかるはずです(^o^)

この子達が口を使い、釣り人を楽しませてくれるのは、夏以降になると思いますが、楽しみです!!

多賀さん、大林アマゴ園さん、ありがとうございますm(__)m

そして雪深い中、一緒に放流作業をしてくださったみなさんありがとうございました(^o^)