2015/5/9(土)

今日は淀川の毛馬閘門(堰堤)まで鮎の状況を見に行ってきました!

最初は新淀川にある魚道の遡上状況を見て、次は大川の堰の下に滞留して上がれない状況を見て、昼からは竹門先生の講義と質疑応答で終了でした!

今回は多くの漁業関係者等の目線で見たので多くの問題点や改善策の提案がされました(^o^)

残念な事に今日は魚道での遡上は見られず、大川の方には多くの滞留鮎が見られ、サギ・カワウ・スズキの格好の餌場となっていました(ToT)

堰があれば滞留するのは仕方無い事なのですが、全く上がれない状況は早急に改善されるべきだと思います(^_^;)

一般の人では普段入れない所まで案内して頂き、大変楽しく勉強させてもらいました。

今回チョー簡単に遡上させる提案を、管理者の方に提案しておいたので、試験的にでもやらせてもらえれば良いんですけどね(^-^)v