2016/3/21(月)

今日の昼から鴨川を美しくする会主催の、産廃現場での河川清掃を行いました!

先日まで扶餘建設さんによる、重機での産廃撤去作業が行われており、重機での作業は完了しており、その現場で手作業による清掃をしたのですが、今年は素晴らしく綺麗に工事が行われており、今回のゴミの量はかなり少ない状況でした\(^o^)/

夕方にはNHK でその様子が放送された様ですが、見逃してしまいました(ToT)

そしてイワナ区域解禁2日目ですが、今日は18匹と12匹釣って戻られた方がおりますが、持ち帰っているのはキープサイズだけで、かなり多くのリリースサイズが居るとの事ですので、発眼卵の成果は確実に出ており、このまま順調に行けば、夏の増水時には15センチクラスが入れ掛かりなんて事も有りそうですね(^o^)

しかし現在釣って戻られる内、9割方はアマゴであり、このエリアではイワナを釣りたいとの声を沢山聞きますので、今年の秋放流はイワナを多目にした方が良いのではと思うのですが、これには多くの釣り人の意見を聞いてみたいので、かなり先の話で申し訳ないのですが、要望があれば意見を出して貰えると助かります!

参考までに、27年度は12月4日に、アマゴ40キロ、イワナ20キロの放流でした!

放流量は本年度の遊漁券の売り上げ次第で増減する(減はしたくない)と思うのですが、アマゴ・イワナの比率をどのようにするのかを考えて貰えたらと思います(^o^)