2020/2/25(火)

昨日は活かす会の活動で、雲ヶ畑での生物調査と、河川を暗くしている木の伐採を行いました。

現在明るい場所での調査と、暗い場所での調査を行い、生物相の違いを調べたのですが、それほどはっきりとした違いは無かったようです。

今回の調査で見付かった中で、個人的にはアマゴの稚魚が見付かった事が大変嬉しく、今後もこの様な自然産卵のアマゴを増やせればと思います♪

今回伐採を行い明るくした場所での生物調査を今後継続して行う予定です。

今日は内水面漁業振興に向けた情報交換会が開催され、色々と話題はあったのですが、全体的に明るい話が多いわけではなく、どこも厳しいのが現状で、具体的にどうすれば改善出来ると言ったものはありません(-_-;)

根本的な釣り人口の減少や高齢化等には逆らえ無いとは思いますが、賀茂川漁協では、今後も鮎ルアーや、渓流での放流回数の増加等で、初心者や高齢者でも楽しめる環境に努めたいと思います♪