2017/10/14(土)

今日は川の恵みを活かすフォーラムが京都大学防災研究所宇治川オープンラボラトリーにて開催され、最初に新村安雄さんから鮎の産卵床の作り方等の講義があり、その後今年の鮎の遡上結果や、昨年調べた鮎のDNA検査の結果等が発表されましたが、今回僕の中で1番の発表となったのは、京都府さんから発表された、魚道設置のための予算が獲得出来たと言う話でした♪

この会の活動の目的として、仮設魚道の設置から色々なデータを取り、鴨川の落差工に本設魚道を行政に設置してもらいたいとの思いを強く持っており、遂に実現する時が目前となりました\(^o^)/

設置場所や、形状はまだ確定しておりませんが、今後話し合って行きますので、楽しみにしてお待ちください♪

明日は早朝より日本釣振興会主催の、上賀茂神社で行われるマス釣り大会の下準備を手伝いに行って、早々に食味会の準備となっており、なかなかのハードスケジュールですが、多くの方と楽しめるように頑張りたいと思います(*´ω`*)