昨日は予定通り、世界遺産二条城のお堀の清掃活動開催されました♪

プロダイバーチームがドライスーツで潜る中、僕だけは場違いな素潜りにて参加しました(笑)

泥水に浸かるのは嫌だと嘆いていたのですが、実際に堀の水を近くで見ると、鯉の姿が見え、視界ゼロと聞いていたのと違い、視界は40センチ程度と想像していたよりかなり綺麗な水でした♪

堀の水はただの溜まり水では無く、多くの湧水があり、オーバーフローからはしっかりと放水があるので、二条城の管理者にこの水の行き先を尋ねたのですが、下水に入っているとの事なので、貴重な湧水を堀川~鴨川へ戻すような事が出来ないかと聞いたのですが、世界遺産登録されているため、石垣を改修することが出来ないため現状では不可能との事でした(ToT)

そして今回の清掃の成果ですが、自転車1台は上がったものの、道路から投棄されたと思われるゴミはかなり少なく(泥の中に沈んでいる可能性あり)観光の方も含め、京都の皆さんが大切にされている事がよく分かる、素晴らしい活動となりました\(^o^)/

そして今週17日(水)に最後の鮎放流が決定したのでお知らせします!

今回の雨で、多くの鮎が石田川ヤナで取れており、最後の予定の100キロを放流する予定だったのですが、現在御薗橋の工事をされている公成建設様から150キロの協力が頂けるとの事で、合計250キロを二条~出町、御薗橋に少し放流します!

今年は上京区役所の友釣り大会が中止になったのが残念ですが、今回の増水で、四条付近が釣れるようになるのではと期待しているのと、今回の雨の直前に、七条で20センチの大阪からの遡上鮎と思われる鮎が釣れているので、7月にもなれば、出町より下流での爆釣にご期待下さい♪